ムダ毛 自己処理 メリット デメリット

まずはムダ毛の自己処理の「メリット」

気になるムダ毛の処理方法として、最も簡単なのが自己処理です。

 

例えばカミソリや毛抜きを使った方法は、脱毛サロンと比較するととにかく安く行えます。実際に、カミソリや毛抜きならば、100円ショップで手軽に購入する事が出来ます。その為、金銭的負担を少しでも抑えたいという女性にとっては、嬉しい方法と言えるでしょう。

 

また、自分の都合に合わせて行えるというのもメリットです。例えば脱毛サロンに通うとなると、予め予約を入れなければいけません。そして予約した日時に足を運んで、施術を受ける事になります。

サロンは交通費もバカにならないよね・・・

中には仕事や学校が忙しく、通う暇が無いという女性もいるでしょう。また、予約を取ろうとしても、都合の良い日は予約がいっぱいで取れないという事もよくあります。さらに、近くに店舗が無く、通うとなると交通費がかさむという女性もいるでしょう。こうなってしまうと、通うのは不可能です。

 

その点、自己処理ならば、自宅で行う事ができます。自分の都合に合わせて、空いた時間に自宅で行えるので、交通費はまずかかりません。また、脱毛サロンの場合、営業時間が予め定められています。しかし、営業時間も一切気にする必要はありません。

 

この他にも、ムダ毛が気になった時に処理できるというのも、メリットです。ムダ毛が気になったら、すぐに取り除けるというのは自己処理ならではです。予約が無ければ施術が受けられない脱毛サロンとは異なり、融通が利きます。

すぐに対応できて、恥ずかしくもない!

例えば、急に明日ノースリーブの洋服を着る事になったとしましょう。いきなり前日に店舗に足を運んでも、既に予約でいっぱいで施術はまず受けられないでしょう。

 

しかし、自己処理ならば脱毛に必要なアイテムさえ揃っていれば、前日であったとしても、自宅で腕やワキのムダ毛を処理できます。このような急な出来事が起こったとしても、対応する事ができるのは大きなメリットです。

 

しかも、自分自身でムダ毛の処理を行うので、他人に見られる恥ずかしさがありません。例えばデリケートゾーンの場合、他人に見られると恥ずかしいという女性は多いでしょう。しかし、脱毛サロンで施術を受けるとなると、絶対にスタッフに見られる事になります。いくら相手が女性スタッフであったとしても、恥ずかしさを感じる事はあるでしょう。

だったら「自己処理でいいや」って思っちゃう

中には、慣れると平気という声もありますが、恥ずかしさから敬遠している女性もいるのではないでしょうか。このように、他人に見られずに済むといったメリットからも自己処理は選ばれています。

ムダ毛の自己処理のデメリット【地獄】

ムダ毛の自己処理には、自宅でいつでも簡単に行えるというメリットがあります。しかし、メリットがあれば当然デメリットもあります。自己処理を行う上で、デメリットについてもきちんと把握しておくようにしましょう。

カミソリ負けが黒ずみや色素沈着を引き起こす

まず、最もポピュラーなカミソリを使った処理方法です。
カミソリでは、一時的にムダ毛の表面をカットする処理しか行えません。その為、定期的に処理を行わなければ、すぐに生えてきてしまうというのが大きなデメリットです。

 

しかも、表面をカットしたムダ毛は、断面が広がるので太く見えてしまう上に、生えてくるとチクチクしてしまいます。

 

また、一般的にカミソリ負けと呼ばれる肌トラブルも、デメリットです。カミソリ負けによって肌を傷めてしまうと、黒ずみや色素沈着の原因になりかねません。

毛抜きが黒いブツブツを増やし埋没毛へ誘う

続いて、カミソリと同様に簡単に使う事が出来る毛抜きです。
毛抜きでは、1本1本毛根からムダ毛を引き抜いて行く事になります。その為、広範囲のムダ毛を取り除くとなると、かなりの時間がかかってしまいます。途中で疲れてしまったという経験がある女性も、いるのではないでしょうか。

 

しかも、肌が黒くブツブツとして見えるといった事はありませんか?

 

これは、ムダ毛が皮膚の中に埋まってしまっている状態で、埋没毛と呼ばれています。この埋没毛は、自己処理でよく見られる肌トラブルの一つです。

毛抜きでツルツルなんて大嘘ですよ!!

埋没毛の原因は、毛穴へのダメージです。
自己処理では、知らず知らずのうちに毛穴にダメージを与えてしまいます。勿論、目には見えないので、つるつるの綺麗な肌に仕上がったと感じる女性がほとんどでしょう。

 

しかし、毛穴はムダ毛にとって出口となります。その出口がダメージを受けてしまうと、ムダ毛はどこから出て良いのかわからなくなってしまいます。そうなると、皮膚の中で成長していき、埋没毛になってしまうのです。

 

埋没毛が出来てしまっても、先の尖ったもので無理矢理取り出せば大丈夫と考えている女性もいるでしょう。しかし、無理矢理取り出す際に、毛穴に細菌が入ってしまうという可能性があります。その結果、炎症が起きてしまったり、色素沈着が起こるという事は、決してあり得ない事では無いのです。

自己処理に例外なんて無いのです。

では、除毛クリームならば安心して使えると考える女性もいるでしょう。しかし、除毛クリームを使用するという事は、薬剤を使用するという事になります。

 

その為、肌が弱い方が使用すると、肌トラブルを起こしかねません。このように、自己処理には様々な肌トラブルが付きまとうというデメリットがある事を忘れないようにしましょう。

こんな現実的なデメリットもあります。

皆さんは普段、どのような形でムダ毛処理を行っていますか?

 

「カミソリで剃っている」「毛抜きで1本1本抜いている」「脱毛クリームで処理している」など、皆さんそれぞれに、ムダ毛処理の形があるのではないかと思います。

 

やはり、自分でムダ毛処理をすることは、お金がかからないですし、手軽で良いですよね。

 

ですが、ムダ毛の自己処理は、何かとデメリットに繋がりやすい行為です。例えば、以下のようなデメリットに繋がる可能性があります。

お肌に負担をかける

ムダ毛の自己処理は、確かにムダ毛処理もできるのですが、同時にお肌に負担をかけてしまうため、「埋没毛」「色素沈着」「カミソリ負け」「毛嚢炎」「肌荒れ」などといった肌トラブル発生のきっかけになってしまいます。

コストパフォーマンスが良くない

ムダ毛を自己処理するためには、カミソリや脱毛剤などを使用するかと思うのですが、カミソリにしても脱毛剤にしても、何度も買わなければなりませんよね。また、もし万が一、ムダ毛処理をしていて肌トラブルが発生した場合の薬代や病院代などのことも考えると、コストパフォーマンスが良いとはいえません。

キレイに処理できない場合がある

自己処理ですから、背中やVIOラインなど、自分で処理するのが難しい場所だったり、処理方法を間違えたりすると、キレイに処理できない場合があります。

定期的に処理しなければならない

ムダ毛のもととなっている毛母細胞を破壊しない限り、ムダ毛は何度も繰り返し生えてきます。ですから、定期的に処理するようにしなければ、あっという間にムダ毛がボーボーの身体になってしまいます。

したい格好ができない

体質的に毛深い場合もそうですが、ムダ毛処理が追いつかなかった場合、ムダ毛をカバーするような格好をせざるを得なくなり、したい格好ができなくなってしまいます。また、したい格好をしたとしても、ムダ毛のことが気になって、人前に出ることができなくなる場合もあります。

ムダ毛の自己処理って、実は、圧倒的にデメリットの方が多いんです。

ざっと挙げてみましたが、ムダ毛の自己処理は、こういったデメリットに繋がりやすいです。このようなデメリットを、今まであまり自覚したことがなかったかもしれませんが、どのデメリットにも「うん、うん」とうなずくことができるのではないでしょうか。

 

となると、残されたムダ毛処理の手段は、「サロンでの脱毛」になります。自己処理には、残念ながら様々なデメリットがありましたが、サロンで脱毛の施術を受けることは、メリットがたくさんあります。

 

もちろん、少なからずデメリットも存在するのですが、サロンのメリットのほうが断然多いと思います。